鱒釣りは鉄馬に乗って

vivipapat.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 06月 22日

釣りの大好きな人でした

友人のNさんが亡くなってちょうど2週間が経ちました。
この事実をブログにするかどうか迷いましたが
このブログにも度々出てもらっていたし、
何よりも彼の供養になるかと思い、書いてみようと思います。


ある程度の覚悟はしていたのだけれど
Oくんから訃報の電話をもらった時はうろたえてしまった。

今年の3月の解禁にはいっしょに釣りをしていたし
もう少し暖かくなって調子が良くなったら
また養沢にでも行こうと言ってた。
正直、信じられなかった。

翌日、僕は彼に会いに行った。
居間に通されると彼が眠っていた。
たくさんの釣りの写真に囲まれて
まるで昼寝でもしているかのような
穏やかな寝顔だった。

そして、涙があふれ出た。
家族を前にして泣いては行けないと
心に決めて来たのに涙は止まらなかった。

a0116027_1624236.jpg
2009年4月 友人達と行った養沢にて


自分だけが悲しいんじゃない。
家族だって悲しい。彼はもっと悲しいに決まってる。
悲しいからこそ楽しかった頃の思い出が蘇る。

彼の寝顔はそんな楽しかった日々を
きっと思い出していたんだと思います。

20数年前の金峰山川でNさんは
37センチのイワナを釣りましたよね。
あれはほんとうに大きかったですね。
小渋湖でのカヌーも楽しかった。
釣り大会で泊まったホテルの部屋では寝る前に
自分で気合いを入れているその真剣なNさんの声を聞いて
僕とOくんはおかしくて寝れなくてゲラゲラ笑ってしまいましたよね。
ウチの引っ越し祝いで庭でバーベキューをしたとき
僕は初めてベロベロに酔っぱらったNさんを見た。
去年の春の養沢。あまり歩けないと言ってたわりには
しっかりした足取りで渓を歩くNさんを見て僕はちょっとびっくりした。
そして今年の解禁。僕たちはとうとう1匹も釣ることが出来なかったけれど
Nさんの顔はとても爽やかだった。
もっと暖かくなってライズがあるときにまた行こう。
それがNさんに会った最後でした。

Nさん、たくさんの楽しい思い出をありがとう!


ご冥福をお祈りします。

by vivipapaT | 2010-06-22 18:40 | 雑記 | Comments(4)
Commented by ヤスジロー at 2010-06-23 08:14 x
お友達のお悔やみ申し上げます。
Commented by vivipapaT at 2010-06-23 22:19
>ヤスジローさま
ありがとうございます。
短い人生だったけれど
素晴らしい人生だったと思います。
今度Sくんたちと会いたいですね。
Commented by yasujiro-okubo at 2010-06-26 09:16
生命と飲み代が尽きる前に皆さんと会いたいです。
Commented by vivipapaT at 2010-06-27 01:47
>yasujiro-okuboさま
大きく来ましたね。。
ぜひ会いましょう(⌒-⌒)


<< ホタル      山梨の渓流 >>