鱒釣りは鉄馬に乗って

vivipapat.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 20日

葛野川から桂川

釣行記録は続きます。

2011.04.07
この日は地元釣り仲間Tさんと葛野川にやって来ました。
車を停めて川を覗き込むとけっこうな数でライズがあります。
ただしこの日は無風状態。
鏡のような流れなのでアプローチによっては散らしかねません。
慎重に上流側からキャストしてフィーディングレーンに乗せても、全て無視。
やはりドラグなんでしょうか。。

ティペットを長くしてなるべく着水をソフトにプレゼンテーションすると。
今度は出ました。が、しっかりと食ってない感じです。
やはり相当スレてますね。ここは。

a0116027_16493212.jpg

やっと釣れたヤマメは尾びれの残念な成魚放流物でした。

まだまだライズは続いていますが
釣れたのがTさんも僕も放流ものということもあって、もしかしてここのライズ。
全て放流ものなんじゃないだろうかという懐疑心がムクムクと。。

急にモチベーションが下がってしまい次のポイントへ移動です。
先週釣れたポイントも今日は魚の気配がありません。

あっちウロウロこっちウロウロしているうちにまたライズを発見。

a0116027_1727926.jpg

ここでもスッポ抜けの連続でさらなるポイントへ。

a0116027_17323141.jpg

流れの流芯で力強いライズを発見。
パラシュートパターンであっけなく釣れました。

a0116027_1847174.jpg

ライズはまだまだ続いています。

a0116027_17354018.jpg

次に釣れたのも同じようなサイズ。なかなかサイズアップしてくれません。

a0116027_17393472.jpg

4匹目はまたしてもサイズダウン。

このあとTさんと相談して桂の本流に移動することに。
目指すは、Tさんの発見したパラダイス。

a0116027_1748944.jpg

で、パラダイスはあったのか。

残念ながら本日は現れてくれなかったようです。
これはパラダイス手前の流れでかけたヤマメ。

Tさんは完全な尺オーバーを掛けるも痛恨のアワセ切れ。。
岸より手前の岩盤の下から出たとのこと。侮れませんね〜

もうそろそろおしまいにしようとフライをガイドに掛けずに
川に向かってラインをピチャピチャ振りながら歩いていると。

a0116027_1801683.jpg

偶然掛かった本日最小のヤマメ。

どうもうまく行かないもんですね。
Tさん本日も二桁でした。
おつかれさまでした。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

by vivipapaT | 2011-04-20 18:31 | フライフィッシング | Comments(0)


<< 桂川から葛野川      葛野川 >>