鱒釣りは鉄馬に乗って

vivipapat.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 14日

千曲川支流

気になってる沢があるので行ってみたいんだけど。
いつものようにTさんからメールをもらう。

以前一度だけ入渓したけれどその薮沢がハンパなく
樹に引っ掛けたフライの回収作業に嫌気がさして
以来、記憶の中から忘れ去られた川。
Tさんからのメールで久しぶりに思い出す。

僕もほんの入り口部分だけ攻めただけなので
上流がどうなっているのかまったくわからない。
地図で確かめると林道も走っているようなので
新規開拓の意味を込めてとにかく行ってみることに。。

a0116027_2334369.jpg

僕の記憶の中でその沢は薮沢になっていたのだけれど
着いてみるとそうでもない。。
20年も昔の話しなのと最近薮沢ばかり攻めているからか
意外と振れそうな流れに見えます。。
でもやはりと言うかこんなところにまで
川崎ナンバー。湘南ナンバー。県外の車が停まってます。

a0116027_2062100.jpg

釣り人の後を追うカタチになるけどせっかく来たのだから
とにかくやってみようと言うことで支度を始めると
ものすごい数のアブに囲まれて蚊柱ならぬアブ柱。。ひ〜〜
大小のアブの大の方が突然刺したりするもんだから
気が散ってなかなか集中できません。。
手、首筋、耳、唇。。露出部分にどんどん刺してきます。
しかもずっと付いてきます。。
僕だけ?と思ってTさんを見るとやはりアブ柱が。。。

a0116027_20501720.jpg

狭い沢なので交互に釣り上がります。
人が入った後にしては素直な出方をするのですが
残念ながらここではスッポ抜け連発でゲットならずでした。
Tさんは7〜8寸級を3尾ゲット。
初めての場所なので脱渓場所がわからずあまり深追いせずに
林道らしき道を見つけて一旦車に戻ります。

上流はどうなっているのかもっと知りたくて林道を少し走りますが
Tさんの車ではちょっと限界を感じてこれ以上は進めません。
残念ながらUターン。。

昼飯はアブのいない下流に逃げて
流れを前にカップ麺を食べているとライズを発見。
ライズの主は相当小さい魚と思われますが午前中ボーズの僕としては
どーしても釣って確かめたくしつこく流して
何回もフライに出るのだけれどまたまたスッポ抜けの連続で
とうとうその魚が何だったのか判らずじまいでしたトホホ。。

a0116027_0145122.jpg

さて、午後からはどうしよう。
いろいろ悩んで別の支流に逃げましたが結局ここで6寸級のイワナを1尾釣って
本流で夕マズメにかけることに。。

結果、ウグイで終了となりました。。

どうも最近調子良くありません。
Tさんおつかれさまでした。
そろそろ鮎でしょうかね。。

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

by vivipapaT | 2011-07-14 00:38 | フライフィッシング | Comments(2)
Commented by angler002 at 2011-07-14 10:53
アブ付の藪沢・・・僕には絶対に無理~っす!?


本流...釣れないから、おもしろいんですよ~♪
Commented by vivipapaT at 2011-07-14 19:07
>angler002さま
やはり7月はアブ沢になりますね〜
本流...せめてゴゴゴゴンの
アタリだけでもあるといいんですが。。


<< 小菅川C&R区間      高原川 >>