鱒釣りは鉄馬に乗って

vivipapat.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 13日

神通川

9月8日。土曜日。
我が『くろむぎ会』で今年3回目の鮎釣り遠征大会に行ってきました。
今回向かったのは鮎釣りの聖地。"神通川"。くろむぎの遠征では初めての川です。
神通川と言えばガンガンの瀬。胸まで立ち込んで釣っている勇ましい姿を想像してしまいます。。
はたしてそんな大きな川で釣ることが出来るでしょうか。。
一抹の不安を乗せてバスは深夜2時に出発です。

朝7時40分。
いや〜時間かかりましたね〜。。なんせ富山県ですから。。。

a0116027_1749411.jpg

お世話になったのは "フィッシング吉井" さん。
黒板には昨日の釣果やポイントが丁寧に書かれています。
おとり屋さんと言うより魚屋さんのようなスタイルのおじさん自らオトリを選別してくれます。
そしてここのオトリ(養殖ですが)は3尾で1000エン。これは安いですよね〜。
活きの良いオトリを入れてもらっていざ出発。

途中、バスの中から川を見ると胸まで立ち込んで釣ってる人もいますが
神通でも上流部なのと渇水なのとで僕的にはちょうど良い流れに見えます。
ただしやはり聖地だけあってまるで解禁のような人出です。。

バスは新婦橋を渡ってJR高山線の鉄橋手前に到着。

a0116027_17484562.jpg

まずは出撃前に記念写真。後ろに見えるのがJR高山線。

a0116027_15394219.jpg

例によってMKちゃんとどんどん上流に移動します。今回はHさんも一緒です。
石が丸く大きいので非常に歩き辛く。。1回転びました。。。

鮎はめっちゃいますね。水に足を入れる度に近くにいた鮎が右往左往します。
しかも岸際の岩にものすごく大きな舐め後があったりして
あらためてすごい川に来たなあって感じだね。

早くも皆さん瀬で釣っていますが、いきなり瀬ではオトリがヘロヘロ(僕の腕では)になりそうなので
まずはヘチ際で群れている鮎を竿を立てて静かに静かに泳がせます。
養殖のオトリは意外と元気がよく上流へ上流へと泳ぎますが、なかなか思うようには掛かりません。。

a0116027_16212974.jpg

ようやく明確なアタリがあってやっと掛かりました。
今日は空中バラシはなかったんだけれど、掛かった瞬間オトリだけがなぜか鼻環から外れたり、
ものすごいアタリの後、逆バリの付け根からハリスが切れていたりで結局午前中は3尾という結果に。。

午後は例によってMKちゃんから活きの良いオトリを1尾借りて泳がせたら
2メートルも泳がないうちにいきなり掛かりました。MKちゃんありがと〜感謝〜〜。

瀬とヘチ際を交互にやりましたがいまから思うともっと瀬だけをやればよかったかな。。
相変わらずヘチ際にすごい数の鮎が見えるだけにちょっと粘りすぎてしまったなあ。

そしてあげくの果てに。。

a0116027_16494951.jpg

オオヨシノボリ。。。

時計を見ると4時15分。
そろそろ集合時間です。

本日はオトリ込みの11尾でW会長と同数だったので
ジャンケンをしましたが有無を言わさず7位になってました。。

でも神通ってほんとに良い川ですね。皆さん遠くから来るのもわかります。
来年は8月の最盛期に来てみたいなあ。

くろむぎの皆さん、本日はおつかれさまでした。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

by vivipapaT | 2012-09-13 18:02 | | Comments(4)
Commented by ttamutamu55 at 2012-09-16 17:35
vivipapa様
ヤスジローさんのブログで拝見しました。
今後とも、宜しくお願いしま~す。
Commented by vivipapaT at 2012-09-16 23:36
>チビタムさま
あらら~顔バレしちゃいました~
こちらこそよろしくお願いしま~す。(^o^)
Commented by チビタム at 2012-09-19 20:31 x
私も若かりし頃、ヘラ仲間たちと大型バスに乗り遠方へと出かけた事を思い出します。
Commented by vivipapaT at 2012-09-20 11:00
>チビタムさま
行き帰りのバスもまた
釣行の楽しみの一つですね(^o^)


<< マツタケ食ったど〜!      山梨の沢 >>